たのしくブログ習慣の人体実験中...

転職活動は実験である

「では、実験で転職活動をしてみましょう」

 

 

驚きの表情の聴衆。

 

 

「…。はい、やってみます」

 

 

そんな会話から、一人の人の人生が大きく変わっていきました。

 

まだ半年前のできごとです。

 

 

転職活動は実験、

これを聞いたときに、僕は大きなショックをおぼえました。

 

 

自分自身が転職活動をしたのは、会社が倒産寸前になったとき。

このときは必死でした。

 

 

幼い子どもと、妻のお腹には新しい命が宿っていたタイミング。

リーマンショックのあおりを受けて、自分の今までやってきた職種で、通勤圏内には採用をしている会社はない状況。

 

関東や関西も探してみよう。

 

と、

見つけたたった一握りの希望の採用枠のために、深夜バスで移動しながら転職活動をしたのです。

 

 

このときは、

自分の好きな職種で雇ってくれるならばどこでもいい

という気持ちでした。

 

 

冒頭の転職活動を実験でやるというのは、

今現在の会社には所属しながら、

ガチで転職活動をやるのではなく、

自分の興味のあるところを色々と見に行くという感覚のものです。

 

なので、

自分にリスクは全くないんですね。

自分の完全なる理想の職を求めて、探すことができるわけなんです。

 

リスクが全くないから、自分だって強気でいけます。

自分の条件をすべて出して、それで雇ってもらえなければそれで結構。他のところに行きますんで。

という感じです。

 

で、実際にやられていた方の状況を見るに、

意外とその条件を飲んでくれる企業もあるものなんです。

 

どうせ、こんな条件だったら、どこも雇ってもらえないよね。

と思えるようなことだって。

 

 

いかがですか?

それならば、やってみないと損だと思えませんか?

 

リスクはゼロ。

 

 

転職活動だけに限らず、考えてみると生きていくうえでいろんなことが実験できます。

小さなことも含めるとそれはそれはいっぱい。

 

そんな実験を繰り返しながら、

たのしみながら生きていきたいものです。

 

 

このブログも実験です。

 

 

実験かーい!!!

 

 

って、どこかでつっこみが(笑)

 

 

 

 

はい、今日もたのしみましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です