たのしくブログ習慣の人体実験中...

ふつーはふつーじゃない

会社の同僚と話していたときに、印象深かったことがあります。

 

僕「○○さん、プログラム書けるって、すごいですねー!」

○○さん「えっ、でも別に大したことじゃないから。それよりも、SHUWAさんこそ、全体見渡してドキュメントつくるのがうまいじゃないですか。」

僕「えっ!?いやいやいや、ふつーですよ。別に何も工夫してないし、たんにまとめればいいんですよー」

 

 

自分でやってる、

ふつーのこと。

 

 

でも、

それってほんとに

ふつー

でしょうか?

 

 

自分の中では当たり前になっていて、別に強みともなんとも思わないことでも、

外の人の目から見れば、それは

ふつーじゃない

レベルのものということがあります。

 

この1年間は、

僕の中では「描く」というのもキーワードでやってきたのですが、

それもたまたま周りから

「すごいね!」

って、言われて、

(あるしゅ、ちょうしにのって…)

描いてきました。

 

でも、

べつにたいしたことがないし、それが価値あることということが、自分の中だけでは気づけなかったことなんです。

 

たしかに、

上を見ればきりがありませんよ。

 

でも、

みんなから、

「すごいね!」

って、言われる数が多いということは、それは

ふつーじゃないレベルなんです。

 

しかも、

それがわくわくすることならば、天職の種とも言えます。

 

そして、

その強みで、

誰かに手助けをしてみる、

喜んでもらえる、

これって、最高じゃないですか?

 

これに、1円でももらえれば、立派なお仕事です。

しかも、

天職と言えるお仕事。

 

えっ!?

別にそんなに稼げないって?

 

そこに先に目がいったら、動けなくなりますよね…

 

そうじゃないんです。

たとえ、最初は稼げなかったとしても、自分のわくわくすることで、誰かに喜んでもらえたら最高じゃないですか。

 

喜んでもらえると、こちらもうれしい。

だから、もっともっと喜んでもらえるように工夫をする。

そして、また喜んでもらえる。

 

それって、すごく価値が高いと思うんです。

 

そして、

喜びの大きさが膨れあがれば、それはいつしかお金という形になって自分の中に入ってきます。

喜びの大きさのぶんだけ、入ってくるのですね。

 

自分には才能はないし、ぜんぜんダメだから、

なんて思ってる人は、

まずは誰かとの会話の中で、自分の才能の種を探してみませんか?

 

きっと見つかるはず。

 

そのとき、

「いやいやいや、たいしたことないから」

で、終わったらもったいないですよ。

謙遜しつつも、「もしかしたら、ほんとにそうかも」って、

少しでも思ってみましょう。

 

これ、けっこう気分はいいもんですから。

 

 

 

このブログ、

ダラダラと、自分のアホ丸出しなこともさらけ出して書いてて、価値あるんだろうかと頭をよぎることがありました。

 

でも、

「SHUWAさんの記事は和みますよ」

つて、言ってもらえて、

「いやいやいや」

つて、謙遜しつつも、胸の中では「いや待てよ、もしかしたらそうかもよ」

つて、

自分に言い聞かせました。

 

なので、

このままゆるく書きつづけまーす。

 

あっ、

そこのあなた、

遠慮せずに

「すごいね!」

って、言ってくれていいですよ。

 

そしたらもっと調子にのります…

 

じゃなくて、

 

「あなたもすごいね!」

 

って、

お返ししますので。

 

 

はい、今日もたのしみましょー(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です