たのしくブログ習慣の人体実験中...

肩肘はらずにやんわりと

1pxへのこだわり。

WEBデザイナーがデザインをするときに、非常に細かいところまで意識をこらして、デザインをしあげます。

その1pxのずれが、確かに違和感につながったりするものなのです。

 

そんなずれを、WEBディレクターが指摘をして修正をするということもあります。

長年、WEB制作会社でディレクターをやってきたため、細かい部分でのずれが気になることがあります。

 

仕事のクオリティーを上げるという点では、もちろん必要になってきます。

でも、デザインそのものではなくても、だんだんと気になってくるものなんですね。

たとえばExcelで表をつくるときにも変に凝っちゃったり。

 

私生活でも変なこだわりを見せたり。

 

ある種職業病というやつですね。

 

もちろん、こだわりは個性にもなりえますし、良い面もあります。

 

だけど、

こだわりすぎるがあまりに、支障が出るケースもあります。

 

たとえば、

文章の整いっぷりを気にしたり、

記事の中に画像を入れて見栄えを整えたり。

 

だけど、

時間がかかりすぎることもあるのです。

 

しかもそんなに重要じゃないことに変にこだわったり。

 

以前ブログの習慣に挫折した経験を記事に投稿した(ような気がするのですが…)際に、某ブログサービスで自分のプロフィール欄を入れるところがあったんですね。

自分のプロフィール画像を楽しくつくることができるんです。

でも、それにこだわりすぎて、こだわりすぎて、自分をよく見せたくって、

自分をよく見せたいもんだから、記事もちゃんと書かなきゃって思えて、

で、記事をいざ書いてみると、

 

書けない

 

そうなんです。

とってもすばらしき記事を書こうとふんばっちゃうんですよね。

 

実力もないのに。

 

けど、今まで書いてきたわけじゃないから、むしろ書けなくって当たり前。

そんなことに気づけなかったんです。

 

けっきょく、

「今日からブログはじめます!」

って当たり障りのない文章を書いて、

 

そのままドロップアウト。

 

もう二度とブログ投稿画面を表示することはありませんでした…。

 

こんなことって実はいろいろとあると思うんです。

このブログを書くことだって。

 

なんだかダラダラ書いてますね…。

まとまってないですね…。

 

誰が見るんでしょうかね…。

 

いいんです。

 

まずは、習慣化するということを目標にしているのであれば、自分が書けることを書いていけばいいんです。

 

そう、肩肘はらずに。

もっと気軽に、たのしく。

 

あなたがもし行動できなくなってたり、

つづけられないのであれば、

もっとらく~に、

そう、もっともっとらく~に、

取り組んでみてはどうでしょうか。

 

そしたら意外とできるもんですよ!

 

 

(たぶん…(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です