たのしくブログ習慣の人体実験中...

きっかけづくりをして続けよう

カバンの中を覗くと、

二冊のノートがありました。

 

数ヶ月前に、

「習慣にして毎日書くぞー!」

と、

気合いを入れてつくったノートたちです。

 

そういえば、

こんなノートもつくっていたな、

って思うぐらいのお久しぶりの再会です。

 

ノートの中を覗くと、

二冊のノートともに五日分ぐらいを書いて、それ以降はパタッと書かれていません。

 

書いてた当初は、

枕元にノートを置いていたり、

忘れないようにアラームをセットしていた記憶があります。

 

何かのきっかけで、

枕元にノートを置くことがなくなり、

アラームをかけることも忘れてしまったようです。

 

きっと、

通勤時間にでも書こうと思い、

カバンの中に入れたんだと思います。

 

でも、

入れた後に、

ノートを開くきっかけづくりをしていませんでした。

 

 

 

そうなんですね。

 

 

書くぞ!

って、決まっても、

忘れてしまっては意味がないんです。

 

最初は自分の内側の熱量が高いため、思い出すことができますが、

その熱量も時間の経過とともに減少していきます。

 

 

だから、

きっかけづくりが必要なんです。

 

 

やると決める、

次に、いつ、どこでやるかを決める、

そして、きっかけづくりを組み立てる

 

きっかけづくりは、

自分が気づき、動けるきっかけを作れればOKです。

 

そのタイミングに目に入るようにする

アラームをしかける

誰かに教えてもらう

 

などなど。

 

根性ではなく、仕組みづくりが大事です。

 

 

もし、

続かないなー

って、悩まれてる場合はぜひ試してみてくださいね。

 

(ノートに書く習慣を忘れてたお前に言われたくない…と、思われるかもしれませんが…(笑))

 

 

はい、

今日もたのしみましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です