たのしくブログ習慣の人体実験中...

完ぺき主義の原因

昨日はトラブル対応にずっと追われていました。

 

年末はかきいれどき。

ということで、販売は熱を帯びます。

通常ではありえないことを、年末には施策として実施するため、

システムもそれに対応する必要があります。

 

なんとかできうる対策を考え、

開発をし、

テストをし、

リリースへとつなげるのです。

 

今回のトラブルの原因は、

テストケースの確認漏れだったのです。

 

確認する対象ではあったのですが、

全ケースを見るのは、

あまり現実的ではありません。

軽く出しても、

1000以上の項目をやる必要があるので。

 

だから、

基本的には同じつくりのものは、1つのものがOKであれば、みなOKとみなして、進めるのです。

 

だけど、

その穴をかいくぐるかのように、

不具合が起こるのです。

 

今回もまさかのケースでした。

 

幸い発覚から一日で収束のめどがたったから良かったものの、ものによってはゾッとする思いです。

 

 

で、

昨日はそのトラブル対応に対応したプログラムのテスト項目をつくっていたのですが、

 

ふと、

これは完ぺき主義になってしまう要因何では?

と、思ったのです。

 

システムのトラブルが起こらないように、念入りに念入りにチェックをしますので。

 

もちろん仕事がら確実に必要な要素はあります。

 

ただ、

仕事でそんな感じでやっていると、プライベートにも影響してくるんですね。

 

今日もトラブルの後処理があるので、手短かに。

 

今日もたのしみましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です